山梨のむち打ち治療 | 交通事故治療サイト
HOME>流れ

流れ

治療メニュー
交通事故治療の流れ(準備編)
まずは警察へ交通事故の届出

相手方の氏名、住所と連絡先、車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号、他にも勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先。
(※業務中であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負うことがあります。)


 

相手(加害者)の情報を収集

加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。
(特に怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。)
また、仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ、交通事故証明書の交付を依頼します。


 

現場での目撃者を確保

万が一、相手方とトラブルになった際などに第三者の意見は効果があるため、通行人など交通事故の目撃者がいれば、協力を得て、証言をメモしましょう。
氏名や連絡先を聞いておき、必要ならば証人になってもらうよう、依頼しておきましょう。


 

現場の記録

事故のショックも加わり、事故当時の記憶は薄れることがあるため、できるなら事故直後に、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておくことも重要です。
データとして賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。


 

病院にて医師の診断を受ける

交通事故の治療には医師の診断が必要です。
(当院での、診断の場合『交通事故の治療を希望』とお伝えください。)


 

保険会社へ接骨院・整骨院での治療を希望する旨を伝える

保険会社より当院に、交通事故の治療依頼の連絡が入り、治療開始となります。

 

交通事故治療の流れ(治療編)
お電話および、直接ご来院

治療をご希望の方はお電話にてご予約いただくか、直接お越しください。その際に以下のことをご準備ください。

  • お取扱いの保険会社ご連絡先(ご担当者名)
  • 病院受診の方は診断名

 

問診票の記入

交通事故治療にあわせて問診をさせていただきます。その際に以下のことをお伺いいたします。

  • 事故が発生した日時、状況
  • 医師の診断内容
  • ケガの症状
  • お取扱い保険会社の確認

 

当院にて、保険会社へ手続きを行います。


 

触診

怪我の状態を触って確認します。
痛み具合、腫れ、患部に熱をもっているか、機能障害があるかなどを、いくつかの検査やテストを行って調べたうえで、治療のプランを組み立てます。


 

治療の開始

症状に合わせて、マッサージ、酸素カプセル、超音波治療、電気療法、冷温法、はり・きゅう治療、テーピング、背骨・骨盤矯正などの中から、治療プランを決定し、治療をします。
同時に日常生活での注意点や、できる部位のリハビリ等も行っていきます。


 

治療の終了

症状が改善されたら、治療完了です。
症状により個人差はありますが、3~6ヶ月程度で完治することが通常です。
保険会社に治療が完了した旨を報告し、その他の費用を計算してもらいます。
明細の入った示談内容書を確認し、納得がいけばサインをして完了となります。

 

※ゆう整骨院では、交通事故専門の弁護士と「むち打ち治療協会」を通して顧問契約していくと共に後遺症問題専門の行政書士と提携しており、示談の際の無料診断も行っております。
どうぞお気軽にご相談下さい。