山梨のむち打ち治療 | 交通事故治療サイト
HOME>酸素カプセル

| 酸素カプセル |

酸素のメカニズム

通常の気圧で普通に呼吸した酸素は、血液中のヘモグロビンと結合して体中の細胞に運ばれます。
これは「結合型酸素」とよばれます。
高濃度の酸素を吸入すれば、この「結合型酸素」量をある程度増やすことはできます。
ただし、結合するヘモグロビンの数に限りがあるため、全身に運搬できる酸素量が制限されます。
また、ヘモグロビンは毛細血管よりも大きいため、「結合型酸素」は体の隅々にまで行き渡ることができません。
これに対し、血液やリンパ液にじかに溶け込み、ヘモグロビンの入り込めない抹消組織にまで届く酸素を「溶解型酸素」といいます。
すみずみの細胞にまで酸素を供給するには、この「溶解型酸素」がより多く必要です。
通常の気圧でも「溶解型酸素」は体内に存在するのですが、ごくわずかしかありません。
この「溶解型酸素」量を増やすために、カプセル内の気圧を高めるのです。


これは、『ヘンリーの法則』に基づくものであり、医療現場でも「高気圧酸素療法」としてその有効性が確立しているものです。


ヘンリーの法則 : 気体が液体に溶解する量は、その気体の分圧に比例する。(要約)
※ 本来の「高気圧環境酸素機器」は世界の医療現場で低酸素障害等の治療目的で利用されており、歴史は長く、有効性や安全性が確立しているものです。


健康促進用の仕様として、気圧設定や酸素濃度を医療用よりも低いレベルに設定しており、薬事法で規定された医療用具ではありません。